両親から結婚祝いに車をもらったときは驚きました

私はつい最近40代で結婚したのですが、結婚祝いとして、なんと両親から車をプレゼントされました。

私の家は、特別に裕福なわけではありませんので、もらった時には正直驚いたものです。しかも国産の車ではなくて、ゴルフという外国の車でした。

当時、私たちは共働きだったのですが、私も結婚相手も電車で通勤しており、車がどうしても必要というわけではありませんでした。

ですから当初は、どうして車をプレゼントされたのかよくわかりませんでしたが、後で詳しく聞いてみると、どうやら子供ができた時のことを考えてのことだったようです。

子供ができれば、学校の送り迎えをしたり、病院に行ったりと、いろいろと車が必要になる場面が多いということを知っていたからでしょう。

とはいっても、当時250万円近くした外車ですので、肉親とは言えさすがに遠慮してしまうほどのものでした。

私が仕事を終えて家に帰ると、家の前に見かけない車が止まっていました。玄関で父が待ち構えており、車のキーを渡されたのを今でもよく覚えています。

その瞬間は驚きの方が大きかったのですが、あとになってジワジワと、上記のような両親の私たちの将来の生活への気遣いが嬉しく感じるようになりました。

やはり親というのは子供がいくつになっても心配してくれるものです。まだ子供はできていませんが、もちろん今もその車に大事に乗っています。週末などはその車に乗って遠出をすることもあります。

一つだけ後悔しているのは、私は世間知らずだったため、身内とはいえ結婚祝いのお返しをすっかり忘れていたということです。

ところでもし、車を結婚祝いとしてプレゼントするような人がいたら、やはり高額なだけに、事前に相手の希望を聞いておくべきだと思います。私の場合にはゴルフを気に入ったので結果オーライでした。