結婚祝いに毎日大活躍のクリステルの鍋セットを姉からもらいました

結婚式をした日は1998年8月3日です。結婚祝いは、8つ年上の姉からもらいました。姉は当時33才です。

姉がくれたのはクリステルの鍋セットで、「スタータープラス」という、基本の鍋3つに蒸し料理やパスタで使えるバスケットやプレート、ステンレス鍋で持ち手が熱くなるため必要になる専用のハンドルが付帯しているものでした。

もらったのは式のあと1週間後くらいに新居に遊びにきてくれた時です。手渡しでした。

値段は52500円で、姉がすでにクリステルのヘビーユーザーだったこと、私も料理研究家の有元葉子さんのファンだったことから、このセットを選んでくれました。

結婚して余裕がでてきたら1つずつがんばって揃えようと思っていた鍋だったので、一気にセットでもらえてとても嬉しかったです。

鍋1つが1万円以上するので、そこまでお金をかける必要があるのかと悩んでもいました。

結婚して随分たちますが、今でも全ての鍋と付帯品が現役で活躍中です。ごはんもクリステルで炊くようになったため、大きな鍋をあと2つ買い足しました。

恐らく喜ばない人はいない品だと思いますが、親類でない場合は、価格が高すぎるかもしれませんので、内祝いの負担をかけないようその点は注意が必要だと思います。

友人に贈るなら鍋+ハンドルくらいがいいのではないでしょうか。

内祝いは、他の人と同じ5000円程度のスイーツ詰め合わせに、オーガニックパスタの詰め合わせ4000円程度をプラスして贈りました。