友人から結婚祝いに、カーテンをもらいました。

この友人は20代の女性です。

結婚祝いで、同じようなものをたくさんもらってしまう、というのはよくあることです。この友人はそのようなことを避けるために、あらかじめ自分と妻に、結婚祝いとして何が欲しいかを聞いてくれました。

自分たちが必要としているものをいくつかピックアップし、その中から友人はカーテンを選びました。

理由は、カーテンは、いつもリビングにある窓に掛けてあるもので、このカーテンを見るたびに、この友人のことを自分と妻が思い出すことができるからだそうです。

値段は3万円くらいだと思います。友人は、結婚祝いとしては、安いものなので、御礼などしなくてよいからといってこの品をプレゼントしてくれました。

しかしこのカーテンは有名ブランドのものです。

この友人は自分たちの新居と同じ地区に住んでおり、自宅まで直接来てこの品を手渡しでプレゼントしてくれました。

自宅のリビングの窓は非常に大きく、一般的なカーテンですと長さが足りませんでした。

それでロングカーテンを購入しようといろいろな店に行ったのですが、気に入ったものがなく、購入はしませんでした。

しかし友人がくれたものは本当におしゃれで、リビングにマッチしたものでした。本当に嬉しかったです。このカーテンはいまだに使っています。

この友人のように、結婚祝いにはプレゼントする相手が必要としているものを購入するのも良いと思いました。

また、あらかじめ何が欲しいかを聞いておくのも良い方法です。今回この友人はお返しは要らないといってくれたので、お返しはしませんでしたが、自宅に招待し、妻の料理と少し高級なワインでディナーを楽しみました。